901clay.com -music-

音楽に関する話題を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

突破口

rob.jpg

昨日で8月末からやっていた選挙関連の短期バイトは終了でした。
とりあえずの解放感を味わいつつ、新宿駅でふらふら。
ハウスDJのTomo君から、六本木のsuiteroomであるパーティーに誘われていた事を思い出す。何度も誘われてて行けてないので、今日こそは行ってみようか、、と思案する。
パーティーは10時オープン、バイト終了した時点で6時半過ぎ。
いったん家に戻るにしても、中途半端な時間。かと言って10時まで時間つぶすのもつらい。

そこで相方に電話する。一緒に行ってくれる事になったので、9時過ぎに六本木で落ち合うことに。

そんな訳で、時間つぶしにもってこいな場所、タワーレコードへ。

面白い音がないかな~と思って探していた所、Waveレーベルのプロデューサー「Rob Rives」の新作MixCDを発見。

“High Frequency” mixed by Rob Rives

4つ打ちに飽きたなんて書いてみたものの、未練は残っている状態だったので(苦笑)早速試聴してみる。

…さすがRob Rives、かなり、かっこえ~~です!
ベースはハウスながらトランス感もあり、サイケとも共通するような浮遊感と、あとリズムの組み方が「おぉっ」というところに入ってくるんですよ。
かと言って無理やりなアゲアゲ感もなし。くーっ、大人の技ッス。しびれる~。
これは、買わねば!という訳で、Rob RivesのCDを握り締めたまま、近くにあったDeep Dishの新作の試聴機へ移動。

George Is on

ハウスでもDeep Dishのレーベル「Yoshitoshi」は割と好きで、昔から時々買っておりました。やはり、waveと同じように、ハウスながら落ち着きつつもトランス感のある音をリリースしているレーベルです。
こちらも、なかなか。シングルになった「Say Hello」が良かったかな。リミックスCDと2枚組で2500円とお得価格だったので、購入。

今後のパーティーで活躍しそうな2枚です。

DJをやるという事に関して、ちょっと突破口が見えたかも。
トランスでこの先やって行くにはちょっと限界を感じていたので、今後やるならこのあたりかな、と。

いろんな面白いコト、やっていきたいです。
スポンサーサイト
クラブミュージック | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Suiteroomへ | ホーム | Yamaha AN1xで遊ぶ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。